太田篤志 作業療法士

作業療法士  太田篤志

  • 発達障害児の支援に携わる作業療法士。プレイジム代表、姫路獨協大学客員教授。日本感覚統合学会常任理事。日本スヌーズレン協会理事。これまで学童保育・保育所、重症心身障害児施設、療育センター、小中学校・特別支援学校などの現場にて発達障害児に対する作業療法・感覚統合療法などを実践。広島大学医学部助手、姫路獨協大学教授などを歴任し、感覚統合機能検査の研究開発に携わる。2012年に姫路獨協大学教授を退任し、客員教授に就任。2014年、(株)アニマシオンを設立、取締役に就任。児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援事業所の運営に携わりながら、子どもたちが手軽に楽しめる感覚統合遊びの研究・実践を行っている。

プロフィール
   詳細なプロフィールは、Facebookにて公開しています。
       http://www.facebook.com/ota.atsushi

■経歴
長崎大学医療技術短期大学部作業療法学科卒。広島大学大学院医学系研究科修了。作業療法士資格を修得後、学童保育所・保育園へ勤務し障害児と健常児の統合保育・学童保育等を実践する傍ら、感覚統合理論、斎藤公子氏の保育実践などを学ぶ。その後、重症心身障害児施設へ勤務し最重度知的障害児に対する作業療法を実践。 広島大学医学部・助手、同学部内講師、広島大学大学院保健学研究科・助手、姫路獨協大学・教授を歴任し、感覚統合機能検査(JPAN感覚処理・行為機能検査、日本感覚統合インベントリー(JSI)など)の開発に従事。現在は、株式会社アニマシオン プレイジム・代表、姫路獨協大学・客員教授、遊び心サポートセンター プレイフルネス・代表、リンクス学習サポート・療育特別支援ディレクター 等。

■現在の取り組んでいる実践・研究
発達障害児の感覚統合機能評価の開発・研究
・JPAN感覚処理・行為機能検査:パシフィックサプライ(株)2011
・日本感覚統合インベントリー(JSI)

■著書・編著書・共著書・単著・監修・分担執筆・訳書
・「発達障がい」が気になる子がよろこぶ! 楽しい遊び(PHP研究所 2016)
・感覚統合Q&A 改訂第2版―子どもの理解と援助のために(協同医書出版社 2013)
・イラスト版 発達障害児の楽しくできる感覚統合: 感覚とからだの発達をうながす生活の工夫とあそび(合同出版 2012)
・ちょっとしたスペースで発達障がい児の脳と感覚を育てるかんたん運動」(合同出版 2011)
・発達支援学 その理論と実践 育ちが気になる子の子育て支援体系(協同医書出版 2011)
・子育て錦を紡いだ保育実践 ヒトの子を人間に育てる(エイデル研究所 2011)
・作​業​療​法​ケ​ー​ス​ブ​ッ​ク​ ​作​業​療​法​評​価​の​エ​ッ​セ​ン​ス(​医​師​薬​出​版 2​0​1​0​)
・作​業​療​法​マ​ニ​ュ​ア​ル​4​0​ ​特​別​支​援​教​育​の​作​業​療​法​士​ ​よ​り​よ​い​実​践​の​た​め​に(日​本​作​業​療​法​士​協​会 2010)
・作​業​療​法​学​全​書​ 作​業​療​法​技​術​学​3​ ​日​常​生​活​活​動​(​協​同​医​書​出​版​社 2009)
・感​覚​統​合​と​そ​の​実​践​ ​第​2​版(​協​同​医​書​出​版​社 2006)
・楽しさから始めよう~感覚統合をうながす遊びと生活のレシピ~(プレイフルネス出版 2004)
・作​業​科​学(三​輪​書​店 1999)
・感​覚​統​合​研​究​第​1​0​集(協​同​医​書​出​版​社 1994)

■主な社会的活動・役職等
 日本感覚統合学会・常任理事
 日本スヌーズレン協会・理事
 特別支援教育士スーパーバイザー(特別支援教育士資格認定協会)
 姫路市教育委員会個別支援教育委員会・委員長(2011年度迄)

■療育関連事業等
 遊び心サポートセンター プレイフルネス・代表
 リンクス学習サポート・療育特別支援ディレクター

■特別支援教育関係の活動
 姫路市教育委員会個別支援教育委員(2011年度迄)として姫路市内の保育園、小中学校に在籍する発達障害児のサポートや、兵庫県内の特別支援学校を中心に知的障害児、肢体不自由児の指導に関する校内研修・事例相談・授業研究などを行っています。



■プレイフルネス
 発達障碍サポートとして、おもちゃ販売などの事業を行っています。詳細は、プレイフルネスのホームページ(http://www.playfulness.net/)をご参照ください。


コンタクト

私への連絡は、e-mailをご利用ください。